株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Youtube

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

注文住宅を建てる際に家事動線について考えたことはあるでしょうか。
家事動線とは家事をする際の動きを線にして表したものです。
この動線がすっきりと整理されていると家事をスムーズにこなせます。
そこで今回は、家事動線の良い家について紹介します。

 

□理想の間取りを実現するには動線計画が重要

注文住宅を建てるとなると理想の間取りを求めますよね。
理想の間取りを考える際には、動線計画が非常に大切になってきます。
間取りによって自分がどう動くのかを考えることで、家事の負担を大きく減らせるでしょう。

家事は毎日行うことなので、小さな負担が積もって大きな負担になってしまうことが珍しくありません。
そのため、毎日の苦労を考えながら家事動線を工夫して理想の間取りを実現しましょう。

 

□家事動線を考える際のポイントとは

家事動線を考える際にはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。
ここでは家事動線を考える際のポイントを料理の場合と洗濯や掃除、片付けの場合に分けて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

まずは料理の場合の家事動線のポイントです。

・キッチンの回遊性と収納
最近はオープンな形のカウンターキッチンが多いですが、壁に設置する部分のないアイランドキッチンは回遊性が高いのでおすすめです。
回遊性が高いと、調理、配膳、片付けといった一連の作業をスムーズに行えます。

・キッチンから洗面や浴室への導線を工夫
家事を行う方は料理だけをするわけではないですよね。
そのため、キッチンから他の作業場所への移動経路もすっきりと整理しておいた方が良いです。
単純に移動距離が短いだけでもかなり負担を減らせるでしょう。

次は、洗濯、掃除、片付けの場合の家事動線のポイントです。

・洗う場所から干し場所を考える
洗濯の際には洗ったものを干す必要がありますよね。
洗濯場所から干し場までに距離があるとかなりの負担になります。
短く簡単に移動できるような工夫が必要です。

・使い場所で収納する洗面所
洗面所ではタオルや下着を収納しますよね。
先ほども紹介したものと同じように、洗濯物を収納する場所もできる限り近い方が良いです。
特にタオルに関しては洗い場、干し場、収納の距離が近いと楽でしょう。

 

□まとめ

今回は、家事動線の良い家について紹介しました。
紹介したポイントを参考にしながら家事の負担を減らしていただければ幸いです。
動線計画についてわからないことや相談したいことがある方はお気軽に当社までご連絡ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る