株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Youtube

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

快適なリビングの広さについて検討はつくでしょうか。
広いリビングは高級感があって憧れている方も多いですよね。

しかし、広さの目安を大幅に超えてしまうと後悔することもあります。
そこで今回はリビングの広さの目安と、リビングが広すぎて後悔する理由についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□快適なリビングの広さの目安をご紹介します!

子育て世帯におけるリビングの広さの目安は16畳から20畳の場合が多いです。
ただし、4LDKほどの部屋数が多い間取りを採用する場合は、延べ床面積の関係で12畳から16畳が多くなります。
延べ床面積が99平方センチメートル以上あれば、部屋数が多くても20畳のリビングを設けられます。

しかし、一般的な延べ床面積の70平方メートルの場合は13畳から16畳ほどにとどめておくのが良いでしょう。
広さだけでなく、リビングの形や家具、家電によってもリビングの広さの見え方が変わります。
面積を多くとれない場合はほかの要素を工夫しましょう。

最近では、おうち時間が長くなっているので、リビングを広く設けたいという方が増えています。
リモートワークをリビングで行う場面も多くなるので、広くて開放感のあるリビングだとモチベーションが上がりますね。

 

□リビングが広すぎて後悔する理由をご紹介します!

広いリビングは開放感があり高級感が増します。
見た目だけではなく、採光度や通風面でも優れているので、そういった理由からも好まれています。

しかし、広すぎるとそれが逆にデメリットとなることもあるので、広いことによる欠点も把握しましょう。
まずは空調が効きにくいということです。
広い部屋に対応しているエアコンを購入すれば部屋全体の温度調節が可能ですが、価格が高くなります。

リビングが広いことで、エアコンだけでなくほかの家電や家具においてもリビングのサイズに合わせる必要があります。
部屋の大きさに見合うものを選ぶとそれらのコストが高くなりがちなので、予算と相談してリビングの大きさを決めましょう。

また、リビングを広くしたが為にほかの部屋が小さくなるのも仕方ありません。
部屋にいる時間が長い方は、リビングとほかの部屋、どちらを優先するか取捨選択しましょう。

 

□まとめ

以上、快適なリビングの広さの目安と、リビングが広すぎて後悔する理由をご紹介しました。
リビングが広いと開放感があり快適に過ごせますが、限度があります。
今回紹介した広さの目安を参考にしてリビングの広さを検討してみてくださいね。
リビングの広さを迷っていらっしゃる方はお気軽にご相談ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る