株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

集成材と無垢材の違いについてご存じでしょうか。
住宅に求める条件によって集成材と無垢材のどちらが適しているかが変わってきます。
そこで今回は、集成材と無垢材の特徴をメリット・デメリット踏まえてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□集成材についてご紹介します!

集成材のメリットは、無垢材よりも扱いやすいという点です。
無垢材と比べて経年による反りや割れが出にくいでしょう。
また、品質が安定しているのもメリットです。

一方でデメリットもあります。
それは、木材をくっつける際に使用する接着剤に含まれる物質が有害な場合があることです。
接着剤に含まれる化学物質は主にホルムアルデヒトやトルエン、キシレンです。
これら物質は、揮発性有機化合物を含んでいるので、人体に悪影響を及ぼす場合があります。

また、集成材自体は経年劣化しやすい反面、接着部分は老朽化が進みます。
別々の木材を接着剤でつなぎ合わせているので、接着剤がはがれたり、接着効果が劣化したりすると強度が弱まるでしょう。

 

□無垢材についてご紹介します!

無垢材は、伐採した木をそのまま伐り出して作られた木材です。
よって大量生産ができないので集成材に比べて予算が高く必要になります。
メリットはやはり、接着剤を使わないので人体に優しい点です。

この安全性の高さから、無垢材は目に見える部分にも安心して使用できます。
主な使用例は、家具やフローリング、柱などです。

また、調湿効果が抜群なので、快適な湿度に住宅内を保ってくれます。
フローリングに無垢材を採用すれば、1年中裸足で過ごしても問題ありません。

ただし、天然の素材ならではのデメリットもあります。
まずは、傷や汚れが付きやすいことです。
杉は特に柔らかく劣化しやすい木材なので、予め把握しておきましょう。
ペットを飼われている方は、爪痕がつきやすくなることを理解して対策すると良いですよ。

また、経年による劣化や扱いにくさもデメリットです。
化学物質を使用していないことや、重量があることで反りや変形が生じます。
施工を手掛ける職人の腕にかかっている木材といえるでしょう。
もちろん当社では、経験豊富な職人が施工致しますので、ご安心ください。

 

□まとめ

以上、集成材と無垢材についてご紹介しました。
集成材と無垢材のどちらにもメリット・デメリットがあるので、この記事を参考にして最善なものを選びましょう。
どちらにしようか迷われる方は、お気軽にご相談ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る