株式会社タカ建築

株式会社タカ建築Youtube 株式会社タカ建築LINE 株式会社タカ建築Instagram 株式会社タカ建築Facebook オーナーズクラブボタン 株式会社タカ建築採用ページ

株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

家の風通しが悪く、お悩みの方がいるでしょう。
風通しが悪いと洗濯物が乾きにくく、カビが発生する原因にもなります。
また、健康面にも影響を及ぼす可能性があります。
そこで今回は風通しが悪い家で起きる問題と、風通しを考える際の注意点について紹介します。

□風通しが悪い家で起きる問題とは

*結露の発生

風通しが悪いと結露が発生しやすくなります。
空気や湿気や停滞することによって結露は発生しやすくなるため、風通しが悪い家ではより発生する確率が高くなります。
ケーブルに結露が発生すると、故障や火災の原因となる場合があるため注意が必要です。

*カビやダニの発生

布団や衣類は湿気を吸収しやすく、カビやダニが好む場所の1つです。
風通しが悪く、部屋の空気が停滞することでカビやダニが発生しやすくなります。
皮膚の炎症やアレルギーなどのトラブルを引き起こす原因となるため、風通しをよくしましょう。

□風通しを考えた際の注意点を紹介します!

結露やカビ・ダニの発生をおさえるために風通しをよくすることは大切ですが、それだけを重視しないようにしましょう。
風通しをよくするために間取りを工夫した結果、暮らしが不便にならないように注意するべきポイントを3つ紹介します。

1つ目は、収納や壁の確保です。
風通しを良くするためには風通しが良くなる窓を使いましょう。
タテスベリ窓がその代表例です。
また窓の配置を低いところと高いところに設けることで、重力換気といって暖かい空気が上から出ていくようになります。

どうしても窓の数を増やしやいという方は、窓を上部に設けたり、大きさを小さくしたりすることなどがおすすめです。

2つ目は、免震・耐震性を意識することです。
住宅の壁には耐久性を高める資材が入っているため、窓の数を多くすることで、耐久性が弱くなってしまうことがあります。
また、大きい窓を取り入れたいと考える方も多いでしょうが、火事や地震の際には通常の大きさの窓よりも、ガラスの飛び散る量が増えるということを覚えておきましょう。

3つ目は、換気扇の位置です。
空気の循環を補助するために換気扇を取り入れることがあります。
もし換気扇を導入する場合は、空気の流れとは無関係な場所に設置しないようにしましょう。
また、空気の循環を効率的に行うために、できるだけ高い位置に設置することをおすすめします。

□まとめ

今回は風通しが悪い家で起きる問題と、風通しを考える際の注意点について紹介しました。
風通しが悪いと、結露やカビ・ダニが発生しやすくなります。
風通しを考える際には壁の確保、家の耐久性、換気扇の位置に注意して、風通しがよくなるように工夫しましょう。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る