株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

家づくりをする際にどのような間取りにするかお悩みの方も多いでしょう。
完成後に変更することが難しいため、後悔しないようにしたいものです。
今回は、家づくりをする際にして良かったことや後悔したことについて紹介します。

 

□注文住宅でやって良かったこと、後悔したことについて

 

良かったことの1つ目は洗面所やトイレを2か所設置することです。
2階建ての家の場合、2階にも洗面所やトイレを設置することで混雑しにくくなります。
しかし、水回りを2か所設置することでコストがかかり、掃除の手間が増えてしまうのがデメリットです。
また、2階にも設置することで来客にも気兼ねなく利用してもらえるため、喜ばれることがあります。

 

2つ目は、バリアフリーにすることです。
家は一生の買い物になることが多く、将来も見据えてバリアフリーにすることで長年安心して住むことができます。

 

3つ目は、ベランダに水栓をつけることです。
ベランダに水栓をつけると窓やベランダの掃除をする際に便利です。
また、汚れた雑巾などを家の中で洗わずに済みます。
さらに、お湯を出せるようにすると冬でも快適に利用できます。

 

一方で後悔していることの1つ目は土地です。
家をリフォームすることはできますが、土地は売らなければいけません。
良い土地はすぐに売れてしまうため、新たに探すのが大変です。

 

そのため、長年住むことを想定して土地を選びましょう。
立地が良くても災害によって危険にさらされやすい土地もあるため、ハザードマップをしっかりと確認しておきましょう。

 

2つ目は、部屋を多く作ってしまうことです。
使用率が低い部屋があることを後悔する方が多くいます。
来客用の部屋を作ろうと考える方もいるでしょうが、家に招待する回数は限られていますし、泊まる場合でない限り余分な部屋は必要ないと考えましょう。

 

□間取りを決める際にやって良かったことを紹介します!

 

1つ目は、リビング続きの仕切れる和室です。
大きなリビングに憧れますが、1つの大きいリビングではなく、リビング続きの仕切れる和室を採用するとよいでしょう。
また、可変性がある扉を開けることで、開放感を作れ、扉を閉めることで遮音することもできます。

 

2つ目は、リビング収納です。
リビングが物で溢れかえっていると憂鬱に感じますが、リビングに収納を設置することで物を片付けることができます。
急な来客の際にも、すぐに物を収納することができ、便利です。

 

□まとめ

 

今回は、家づくりの際にやって良かったことと後悔したこと、間取りを決める際にやって良かったことを紹介しました。
2階にも洗面所やトイレを設置し、バリアフリーにすることで快適な生活を送ることができます。
後悔しないように、家づくりをする際は事前に計画をしっかりと練りましょう。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る