株式会社タカ建築

株式会社タカ建築Youtube 株式会社タカ建築LINE 株式会社タカ建築Instagram 株式会社タカ建築Facebook オーナーズクラブボタン 株式会社タカ建築採用ページ

株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

「家づくりを考えていて平屋に興味があるが、平屋に適した土地の特徴を知りたい」
「平屋を建てる際に注意するべきことがあれば知っておきたい」

平屋に関して、以上のようなお悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。
今回は、平屋に適した土地の特徴と平屋を建てる際の注意点について解説します。

 

□平屋に適した土地の特徴とは?

 

平屋に適した土地の特徴として、土地が広いことが挙げられます。
平屋は1階建てであるため、2階建と同じ面積の生活空間を確保しようとすると倍の広さの土地が必要になります。

 

また、土地の広さは平屋に住む家族の人数によって変わってきます。
では、平屋に住む人数によって、具体的にどのくらいの広さの土地が適しているのでしょうか。

 

目安として、居住面積で2人家族の場合75平方メートル、3人家族で95平方メートル、4人家族で110平方メートルが狭いと感じず暮らせる面積となります。

 

また、こちらは居住面積の話で、土地の広さを考える際には建ぺい率に注意する必要があります。
建ぺい率とは土地の広さに占める居住面積の割合で、地域によって上限が異なるため、その点を考慮した上で土地の広さを検討しましょう。

 

□平屋を建てる際に注意することをご紹介!

 

平家を建てる際に注意することとして、以下の3点が挙げられます。

・建ぺい率を把握しておく
・ハザードマップを確認しておく
・用途地域を確認しておく

 

順番に解説していきます。

 

1つ目の建ぺい率を確認しておくことに関しては、歳ほども述べた通り地域によって上限が設定されているため、広い土地を購入したにもかかわらず広い平屋を建てられないといったことにならないよう必ず建ぺい率を把握しておきましょう。

 

2つ目のハザードマップを確認しておくことに関しては、平屋は特に水害が起こった際に2階部分に避難することができないため、水害の被害が及びにくい場所かどうかを確認しておく必要があります。

 

3つ目の用途地域を確認しておくことに関しては、今後の周辺環境に関わってきます。
まず、用途地域というものは簡単にいうとその地域の建物の高さや種類などを制限するものです。

 

例えば平屋を建てた後に隣に高い建物が建てられると日当たりが悪くなってしまったりする可能性があります。
そういったことを防ぐために用途地域を確認しておく必要があります。

 

□まとめ

 

今回は、平屋に適した土地の特徴と平屋を建てる際の注意点について解説しました。
今回お伝えした情報から平屋に興味を持った方は、平屋作りを検討してみてはいかがでしょうか。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る