株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Youtube

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

住みやすい家を建てたいと考えているけれど、具体的にどういった点に気をつければ良いかがわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。
住みやすい家を作るためには、断熱性や冷暖房効率、周辺環境に注意する必要があります。
そこで今回は、住みやすい家の条件について詳しく紹介します。

 

□住みやすい家の条件とは

ここでは住みやすい家の条件を6つ紹介します。
それぞれについて詳しく紹介するのでぜひ参考にしてください。

1つ目は、断熱性や冷暖房効率が高いことです。
家を建てるとなると誰もが間取りやデザインに凝ってしまいがちです。
しかし、実際に10年、20年住んでみて起きる不満は、家の暑さや寒さです。
そのため、家を作る段階からしっかりと断熱性を確保しておくことが重要です。

当社の断熱性能は、北海道などの寒冷地でも快適に暮らせるように高い基準を設定しています。
冷暖房の効き目も良くなるので、断熱性を高めていきましょう。

2つ目は、交通機関が充実していることです。
交通機関が充実していると、病院へ行ったり買い物へ行ったりお出かけをしたりするのに非常に便利です。

3つ目は、周辺の設備環境が良いところを探すことです。
レストランやスーパー、コンビニなどが周辺に揃っていると住みやすい家になるでしょう。

4つ目は、治安が良いことです。
治安が悪いと住み心地は良くなりません。
子供のことも考えたら尚更、治安の良い場所を探すことをおすすめします。

5つ目は、強度が高いことです。
強度と言えば耐久力だけでなく、汚れに強いかどうかも確認する必要があります。

6つ目は、デザイン性が高いことです。
デザイン性が良い家は見た目が良いだけでなく、機能性にも優れていることが多いです。

 

□生活動線も工夫しよう

ここまでは間取りに大きく関わる部分は説明しませんでした。
しかし、実際間取りが重要であることには間違いありません。

生活動線を考える場合は、人を集めたい場所と分散させたい場所を分けられるように工夫する必要があります。
動線が重なるようにすると人が自ずと集まってきます。
反対に、洗面所やトイレといった渋滞を避けたいような場所の周りは生活動線をすっきりと整理しておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、住みやすい家の条件について詳しく紹介しました。
紹介した内容を参考にしながら、ぜひ住みやすい家づくりを進めてみてください。
わからないことや聞きたいことがあればお気軽に当社までご連絡ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る