株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Youtube

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

家を建てる時の木材選びで、国産材や輸入材と聞いたことがあるけどどんな特徴があるのかあまりよく分かっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
国産材と輸入材はそれぞれ異なる長所があるので用途に合わせてうまく使い分けることが大切です。
今回は、国産材と輸入材を比較してそれぞれの特徴について解説します。

 

□国産材の特徴を解説

国産材の最も優れた点は、日本の風土で成長した樹木で四季に適応しているので、日本の住居の木材に合致していることです。
日本の気候に適しているので長持ちしやすく、また見た目や香りなどから和風な雰囲気が欲しい時にピッタリです。

ヒノキやスギのような人気の国産材は精油成分を多く含んでいるのでシロアリやダニなどに強く、木材自体の寿命も長くなり住んでいる人への健康にも優れています。
また肌触りも良いので素足でも温かいフローリングになります。
家の中で靴を脱ぐ日本人にとって、素足に適した床材はぜひとも採用したい木材です。

国産材の欠点は、流通量が少なく値段が高くなりやすいことです。
流通量が少ない理由として木が小さくなりやすいので木材に加工するためのサイズを満たさない場合が多いからです。
その上加工に手間がかかり、輸入材のように大量に生産するのが難しいため、どうしても値段が高くなってしまうことが国産材の大きなデメリットです。

 

□輸入材の特徴を解説

輸入材の最も優れた点は、日本の木材より流通量が多いので価格が安いことです。
東南アジア、中国、北米やヨーロッパなどから様々な木材も入ってくるので種類も豊富です。
見た目や耐久性も様々な木材が選択できるので、国産材だけよりも家づくりの幅が広がります。
国産材では手に入らない色合いの木材も多いので、アンティークな家にしたい、というように内装の雰囲気づくりにこだわる場合は輸入材で揃えなくてはいけません。

また日本より広大な土地があるので、育成方法により大木の原木が入手でき、国産材では手に入りません。
欠点としては、海外の木材は日本とまったく異なる気候で育った場合が多く、慎重に選ばないと湿気や温度などにより想定より短い寿命になってしまうことがあります。
国産材の方が日本の家に適している場合が多いです。

 

□まとめ

国産材は日本の風土に合致しますが、値段が高いので輸入材を使う家の骨格となる木材選びは、目的や予算に合わせて慎重に決めましょう。
マイホームに興味をお持ちの方や、お困りの方はぜひ当社にご相談ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る