株式会社タカ建築

株式会社タカ建築Youtube 株式会社タカ建築LINE 株式会社タカ建築Instagram 株式会社タカ建築Facebook オーナーズクラブボタン 株式会社タカ建築採用ページ

株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

シューズクロークを設置してきれいな玄関にしたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
シューズクロークは物がきちんと収納されたきれいな玄関づくりに大きく貢献してくれますが、用途に合わせてうまく設置しないと失敗してしまいます。
そこで今回は、シューズクロークの失敗例と押さえておきたいポイントを紹介します。

 

□シューズクロークで失敗した例を紹介します

シューズクロークを設置したいと考えている方もいらっしゃるでしょうが、まず失敗例を見ておくことをお勧めします。
シューズクロークで後悔しないために2つの失敗例を紹介します。

1つ目は、シューズクロークの種類の選択を間違えてしまった例です。
シューズクロークにはウォークイン型とウォークスルー型の2つがあります。
ウォークイン型は出入り口が1か所のもので、物をおけるスペースが多いので靴や傘などを多く収納できます。
ウォークスルー型は出入り口が2か所ある種類で、靴を脱いでそのまま収納してから通り抜ける形で家に上がれます。

ウォークスルーを採用したにもかかわらず、靴を収納せず脱ぎっぱなしにすることが多くなり、こちらの型を採用した意味が薄くなってしまう場合があります。
シューズクロークの種類選択は、どのように有効活用するかを考えて選びましょう。

2つ目は、換気設備をつけなかったことによる失敗です。
シューズクロークは空間が狭く靴のにおいがこもりがちです。
シューズクロークの導入を考えている場合には一緒に換気扇や換気窓を設置することをお勧めします。

 

□シューズクロークで失敗しないための間取り

シューズクロークの失敗例をあげましたが、その対策として注意すべきポイントを4つ紹介します。

1つ目は、種類選択です。
ウォークインは収納量、ウォークスルーは利便性に優れています。
家族の人数やスムーズさを考えて、より用途に適した方を選択しましょう。

2つ目は扉の有無です。
扉があると収納を隠せますが、スペースが狭くなり開閉の手間も出てきます。
扉はほしいが手間は増えてほしくないという方はのれんを付けることをお勧めします。

3つ目は広さです。
広いと収納スペースが増えるのはもちろんですが、人が通るための十分な幅の確保が大切です。
収納除いた通路の横幅は70センチ程あれば問題ないでしょう。

4つ目は換気です。
シューズクロークは特に湿気の多い夏場はにおいが気になる場合があります。
後から後悔しがちなポイントなので、換気扇もしくは換気窓を設置しておくべきでしょう。

 

□まとめ

今回は、シューズクロークの失敗例や対策を紹介しました。
シューズクロークは家の出入りに場所なのでしっかりと設計したいですよね。
シューズクロークで失敗しないマイホームに興味をお持ちの方はぜひ当社にご相談ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る