株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Youtube

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

テレビを家族でリビングに集まってみられる方が多いのではないでしょうか。
その場合ある程度大きなテレビを置かれている傾向にありますが、リビングの広さによっては、部屋全体が窮屈に見えることもありますよね。
そこで今回は、テレビを壁掛けにするメリットと、デメリットをご紹介します。
参考になれば幸いです。

 

□テレビを壁掛けにするメリットをご紹介します!

テレビを壁掛けにすると、テレビ台を置かなくて済むので、部屋に置くものが減ります。
その結果、部屋全体がスッキリするので整理整頓がされた印象を演出できます。

また、テレビはリビングの中でも目立つインテリアなので、テレビを壁掛けにするだけでリビングの印象は一気に変わるでしょう。
オシャレなオブジェやインテリアを置くよりも効果的にリビングをおしゃれにできますよ。

テレビに集中できるという点も壁掛けにするメリットでしょう。
テレビ台は種類が限られているので高さ調節が難しい場合が多いです。
一方で壁掛けであれば、細かい単位で高さ調節が効きます。

また、壁掛けテレビは小さなお子様やペットがいらっしゃるご家庭でも安心なのがメリットです。
テレビをテレビ台などに置いていると、万が一テレビ台にぶつかってテレビが落下してくる恐れもありますよね。
その点で壁掛けであればテレビが落下することがないので、小さなお子様やペットがけがする心配もいりません。

 

□テレビを壁掛けにするデメリットをご紹介します!

テレビを壁掛けにする場合は、落下などの恐れがない代わりに一度決めた場所に固定されてしまいます。
テレビを壁掛けする際は、金具でテレビと壁を固定する金具を取り付ける為に壁に穴をあけているからです。

取り付けに費用がかかるのもデメリットといえるでしょう。
自分でも設置可能ですが、壁に穴をあける作業を失敗すると壁の見栄えが悪くなったり、補修費が余計にかかったりする場合があります。
重いテレビをかける金具を留めることになるので、業者に頼む方が無難でしょう。

配線も壁の中にある配管に通しているので、テレビの移動が難しくなることもデメリットです。
配線関係で言うと、テレビ本体の接続部分が壁に埋め込まれている場合が多いのでスピーカーやDVD機器などを後から追加で取り付けにくくなります。
予め配線計画を練っておきましょう。

 

□まとめ

以上、テレビを壁掛けにするメリットと、テレビを壁掛けにするデメリットをご紹介しました。
メリットとデメリットを理解して検討しましょう。
他にも気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る