株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

リビングは家族が集まり、くつろぐ場所であるがゆえに、たくさんの物が散らばりがちな場所です。
リビングでお子様が遊んだり勉強したりすることも多いでしょう。
そのため、リビングに子供スペースがあると便利です。
今回は、リビングに子供スペースを作る際の間取りのコツと具体例を紹介します。

 

□リビングに子供スペースをレイアウトするコツについて

 

ここでは、リビングに子供用スペースをレイアウトするコツを3つ紹介します。

 

1つ目は、色数をおさえることです。
子供スペースは色がカラフルになりがちですが、かえって散らかった印象になることがあります。
おもちゃの種類や兄弟別に収納する方法がありますが、いずれの場合も収納ケースを2~3色におさえるようにすると、すっきりとした印象になります。

 

2つ目は、収納家具の高さと奥行きを揃えることです。
子供スペースにはさまざまな家具を置きますが、使い勝手を考えるだけでなく、高さや奥行きを揃えることも意識しましょう。
高さや奥行きを揃えることで家具全体にまとまりが出て、空間がすっきりとします。

 

3つ目は、上部の壁にアイキャッチを飾ることです。
子供スペースの上部の壁には大人好みの写真や絵を飾ると、おしゃれになります。
大人っぽい雰囲気を与えることで、落ち着きを演出できます。

 

□キッズスペースを設ける際のアイデアを紹介します!

 

1つ目は、ソファの背面を子供スペースにすることです。
ソファの前やリビングの中央部に子供スペースを設けると散らかった印象を与えるのではないかとお悩みの方は、ソファの背面に設けることをおすすめします。
ソファの背面に設置することで、正面よりも視線が届きにくく、気になりません。

 

2つ目は、収納家具で子供スペースを仕切ることです。
壁や扉で子供スペースを仕切ることが難しい家庭では、収納家具で仕切りましょう。
収納家具で仕切ることにより、片付けを効率的に行うことができます。
子供の安全のために、角が尖っていないか、突起がないかなどの危険要素がないかを確認しましょう。

 

3つ目は、ラグマットを敷くことです。
ラグマットは圧迫感を与えることなく、スペースを仕切ることができます。
色やデザインを工夫するとお子様にも喜んでもらえるでしょう。
また、床を傷つけずに済み、お子様が転んだ場合はクッション替わりにもなります。

 

□まとめ

 

今回はリビングに子供スペースを設ける際の間取りのコツや実例について紹介しました。
色数をおさえ、高さや奥行きを揃えることですっきりとした空間を演出できますし、収納家具やラグマットでスペースを仕切れます。
これらのことを意識して子供スペースを設けましょう。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る