株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

家族が多く、1日に何回も洗濯をしている方も多いでしょう。
そのような家庭にはランドリールームを設置することをおすすめします。
さらに、ランドリールームを設置する際には湿気対策を考える必要があります。
そこで今回は、ランドリールームのメリット・デメリット、湿気対策について紹介します。

 

□ランドリールームのメリット・デメリットとは

 

メリットの1つ目は家事を効率的にできることです。
ランドリールームを設置することで洗濯機や乾燥機、物干しなどを1カ所に集約することができるため、家の中を移動せずにすみます。
洗濯物を洗ってから乾かすまでの作業をスムーズに行うことができるため、仕事が忙しい家庭や大家族などにおすすめです。

 

2つ目は、天気の心配をしなくていいことです。
ランドリールームを設けると部屋干しをすることになるため、雨風の影響を受けません。
また、花粉やP.M2.5、排気ガスなどの影響を気にすることなく洗濯物を干せます。

 

3つ目は、生活感が出にくいことです。
洗濯物を家の外で干す必要がなくなるため、急な来客の際でも慌てずに済みます。
また、洗濯物から不在がばれることがなくなるため、防犯対策にもなります。

 

デメリットはスペースと通気性が必要なことです。
部屋干しをするため、通気性が悪く場所が狭いと、洗濯物が乾きにくくなるだけでなく、カビが発生する恐れがあります。
そのため、ランドリールームはしっかりと湿気対策をする必要があります。

 

□ランドリールームの湿気対策について

 

ランドリールームを設置するにあたって、最も気をつけるべきことは湿気対策です。
洗濯物が乾きやすく、カビが発生しないようにするためには通気性をよくしなければいけません。

 

湿気対策として窓の数を意識しましょう。
窓の大きさではなく、窓の数が重要になります。
少なくとも、2個の窓を設置し風通しをよくしましょう。

 

ランドリールームの対角線上に窓を設置することで効率よく風が通るようになります。
また、天気が悪く湿度が高い日などは換気扇や、室内乾燥機などを利用して除湿しましょう。
後付けもできますが、コストやスペースなどを考えると先に設置しておく方がよいでしょう。

 

さらに、湿気を考慮してランドリールームの壁や床も水に強いものにすることや、掃除がしやすい材質にすることもおすすめです。

 

□まとめ

 

今回はランドリールームを設置するメリット・デメリット、湿気対策について紹介しました。
ランドリールームを設置すると、洗濯の効率がよくなるだけでなく、天気を心配する必要がありません。
窓を2個以上設置し、換気扇や室内乾燥機を設けるなどしてしっかりと湿気対策をしましょう。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る