株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

「間取りを考える際には流行りをとり入れたい」
このようにお考えの方は、ぜひこの記事をご一度ください。
この記事では、近年流行りの間取りや間取りを考える際のポイントを解説します。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

□流行りの間取りをご紹介します!

 

実は、家の間取りにもファッションのように流行りがあります。
そこでこの章では、流行りの間取りについて解説します。

 

1つ目は、玄関に入ってすぐに手洗い場をつけることです。
近年の新型コロナウイルスの影響で家の中の衛生を気をつけなくてはいけないという意識が高まりましたよね。
そのため、新型コロナウイルスをきっかけにこの間取りが流行し始めました。

 

2つ目は、洗面所と脱衣所を別にすることです。
今までは、脱衣所に洗面台を置いていることが多かったのですが、最近は2つを分ける動きがあります。
そうすることで、洗面台に生活感が出ない・誰かが脱衣所にいても洗面所を使えるといったメリットがあります。

 

3つ目は、ファミリークローゼットです。
ファミリークローゼットは、家族みんなの服をしまえることから非常に人気です。
家事の効率化につながります。
しかし、広いスペースが必要なので、間取りの計画を建てる際には十分な場所があるのかしっかりと確認しておきましょうね。

 

4つ目は、テレワークスペースです。
これも、新型コロナウイルスをきっかけに流行しました。
お子様のお世話や家事、仕事まで家で全てやらなくてはいけないことが多くなって、需要が増えたようです。

 

以上、近年流行りの間取りについてご紹介しました。
なにか気になるものがありましたら、とり入れてみてくださいね。

 

□間取りを考える際のポイントとは?

 

ここでは、間取りを考える際に参考にしていただきたいポイントについて解説します。

 

*とり入れたい間取りが全ての家にあうわけではない

 

一緒に住んでいる人の人数やライフスタイルによって適した間取りは異なります。
そのため、いくら理想の間取りがあっても、最終的には使い勝手が悪いといったこともあります。
理想をつめ込めるわけではないことを知っておきましょう。

 

*費用を抑えるコツを知っておく

 

もちろん、家にかけられるお金は有限ですよね。
そのため、予算の制限はもちろん、費用をできるだけ抑えるコツを知っておくと良いでしょう。

 

*失敗事例をあらかじめ知っておく

 

間取りを考える際には、わからないことが多くて不安ですよね。
そのため、場所別によくある失敗を調べておきましょう。
そうすることで、失敗を防いで後悔の少ない家を実現できるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、間取りを考える際に参考になる最近の流行りの間取りや設計の際のコツをご紹介しました。
何か参考になることがありましたら幸いです。
また、当社では家づくりに関する疑問点やお困りごとを承っております。
お困りのことがございましたら。お気軽に当社までご連絡ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る