株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

家の中のデッドスペースは設計上避けられないです。
そのため、しっかりと活用方法を考えて効率的に活用することが肝心です。
今回は、参考にしていただけるデッドスペースの活用方法について解説します。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

□デッドスペースとは?

 

まず、デッドスペースとは間取りの設計上どうしても発生してしまう活用が難しいスペースのことを指します。
工夫をしなくては有効活用が難しいので、頭を悩ませている方も多いでしょう。

もちろん、できるだけデッドスペースをつくらないように間取りを考えることはできます。
しかし、スペースはどうしてもできてしまうものなので、工夫して活用できるように考えましょうね。

 

では、デッドスペースはどのような場所にできやすいのでしょうか。
家の中でデッドスペースがうまれやすいのは、主に以下の通りです。

 

・階段下
・家具同士の間
・窓が多い部屋

 

このような場所は特にデッドスペースができやすいです。
もちろん、これ以外のところにも設計によってはデッドスペースができてしまいます。
そのため、ご自身の希望の間取りを考えることももちろん大切ですが、無駄なスペースをできるだけつくらないように間取りを考えましょう。

 

□デッドスペースをうまく活用するためには?

 

ここでは、具体的なデッドスペースの活用方法について解説します。

 

1つ目は、階段下を収納に使うことです。
階段下のデッドスペースは、奥行きがある形状になっていることが多いです。
そのため、収納としてうまく活用すればさまざまなものを収納可能です。

 

例えば、特定の季節に使う家電を収納するのはいかがでしょうか。
扇風機やストーブなどの比較的大きいものを収納するのがおすすめですよ。

 

2つ目は、広い壁にオープン棚を設置することです。
広い壁はそのまま残しておいて開放的な部屋にするのもおすすめです。
しかし、もしもうまく活用したいとお考えの方がいらっしゃるのであれば、収納をつくっても良いかもしれません。

 

オープン棚を設置すると、本やコレクションを綺麗に収納できます。
ギャラリーのように部屋のアクセントになってくれるので、非常におしゃれな空間になりますよ。

 

このように、デッドスペースの活用方法は幅広いです。
他にもアイデア次第でさまざまな活用ができるので、ぜひお試しくださいね。

 

□まとめ

 

今回は、家の中で生じてしまうデッドスペースについてその活用方法を紹介しました。
興味のある活用方法は見つかりましたか。
また、当社では家づくりに関するさまざまなご質問を承っております。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る