株式会社タカ建築

株式会社タカ建築Youtube 株式会社タカ建築LINE 株式会社タカ建築Instagram 株式会社タカ建築Facebook オーナーズクラブボタン 株式会社タカ建築採用ページ

株式会社タカ建築

株式会社タカ建築

staff blog

スタッフブログ

株式会社タカ建築Instagram

株式会社タカ建築LINE

株式会社タカ建築イベント情報

株式会社タカ建築資料請求

タカケン兄弟

開放感や明るさがあるからといった理由から、家を建てる際に中庭を設ける方もいるでしょう。
しかし、中庭は良いイメージをもちがちですが、懸念すべきデメリットもいくつかあります。。
今回は、中庭を検討されている方に向けて、中庭のある際のデメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

□中庭のある家のデメリットとは

 

中庭は、明るさ・開放感・安心感などのメリットがありますが、デメリットも存在します。

 

*建築費用が高い

 

中庭を検討する際は、設計が複雑になり、周囲のコンクリート量や家の補強が増えるため建設費用が高くなります。
明るさ確保のために設ける窓によっても、建築費用が高くなります。
また、暮らしやすさよりもデザインを重要視すると、外構工事、屋外用照明器具や給水・排水設備設置などのコストがかかり、さらに費用がかかるでしょう。

 

*メンテナンス費が高い

 

おおよそ10年に1度を目安にする家のメンテナンスですが、家の形状が複雑で外壁面が多い分、費用が多くかかります。
費用がかかるのは建てる時だけではなく、維持をする際にも発生します。

また、日常的な植物の手入れや窓拭き掃除に時間がかかり、面倒に感じることがあるかもしれません。
特に2階の窓や、外からのお掃除は大変です。
専門の方に手入れをしてもらう必要もあるため、検討の際は施工会社の方と打ち合わせをし、将来性も考えるのがおすすめです。

 

*断熱対策により費用が高くなる

 

中庭の風景を楽しむために設ける窓は、外気温と室温が交換される部分となります。
窓を多く設ける場合は、冷暖房の効率性が下がり、空調にかかる費用がアップしてしまう可能性があります。
対策としては、断熱性を高めることが有効なため、使用するガラスの工夫をすると良いでしょう。

 

□中庭のある家を建てる際のポイントとは

 

中庭を設けることにより、家の構造が庭を囲む形となるため、日常生活で不便を感じやすくなります。
不便を感じない間取りにするために、キッチンからリビングまで、寝室からトイレまでの移動距離をきちんと考慮し、回遊性の高い間取りにすると良いでしょう。

また、希望通りの日当たりを確保するには、窓の大きさや数、取り付け位置など、バランスを見ながら選ぶ必要があります。
窓の種類で断熱性能を高めることもできるため、あわせて検討することをオススメします。

 

□まとめ

 

今回は、中庭のある家を建てる際のデメリットを紹介しました。
中庭を設けることにより建築費用や維持費など、多くの費用がかかってきます。
しかし、解放感や明るさなどといったメリットもあるので、両方を考慮した上で検討すると良いでしょう。
これから家づくりをする方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

Pick Out Contents

  • スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法について

    スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。

      
  • 長期優良住宅について

    長期優良住宅について

    当社では全棟長期優良住宅を標準仕様としています。長期優良住宅とは、その名の通り長期にわたって住み続けられる優れた住宅のことです。

      
  • 保証・アフターケアについて

    保証・アフターケアについて

    タカ建築でお家を建てられた方が、末長く快適に、安心して暮らしていただけるための保証・アフターケアについてご紹介します。

      

Company

会社案内

株式会社タカ建築

〒701-0142 岡山市北区白石西新町7-123

営業時間
9:00〜18:00
TEL
086-250-0553
FAX
086-250-0554
定休日
祝日・GW・夏季休暇・年末年始
  
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る
タカ不動産 詳細を見る LIXIL リフォームショップ 詳細を見る ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 詳細を見る